浄化槽の清掃・保守・点検のことなら大分の福喜工業有限会社へ:業務案内

浄化槽の清掃、保守・点検を通してきれいな環境創りに貢献する福喜工業有限会社の業務案内

浄化槽維持管理

浄化槽の管理者の皆様の3つの義務

浄化槽とは、微生物の働きによって汚れた水を分解して浄化し、きれいな水にして放流する装置です。
わたしたちの暮らしの中で水は欠かすことの出来ない存在です。生活の中で使った水は、そのままで放流されると川や湖沼、そして海が汚れていきます。わたしたちが使ったあとの汚水を処理し、きれいな水に取り戻すことができるのが「浄化槽」です。ただ、浄化槽は設置しただけでは、水は、どんどん汚れていきます。浄化槽がきれいな水を作り出すには微生物の働きがとても重要で、その微生物が元気に活動しやすい環境にするには、維持管理をすることがとても大切です。
浄化槽には、維持管理(保守点検、清掃、法定検査)があり、浄化槽法に基づき実施することが義務付けられています。

環境省浄化槽サイト

透明スペース5ピクセル.gif

浄化槽保守点検

浄化槽の保守点検では、浄化槽の色々な装置が正しく動いているか各部の点検や調整をして、汚泥の状況を確認し、通常実施される年1回以上の清掃作業、汚泥の調整や清掃時期の判定、消毒薬の補充、ポンプやブロワモーターの点検・調整を行います 。

家族構成や使用状況で浄化槽の状態は変わります。きれいな水が出せるように各部、調整をして水質検査や消毒薬の補充をします。 浄化槽内に空気を送るのはブロワの重要な役目です。異常音や発熱、がないか点検します。 点検完了後、設置者に保守点検報告書をお渡しします。

透明スペース5ピクセル.gif

浄化槽清掃

浄化槽に入った汚水は微生物の働きにより分解・浄化されますが、この過程で汚泥が生じます。
浄化槽の汚泥が溜まりすぎると、汚水が浄化されず放流水と一緒に外に流れてしまうことになります。
そうなる前に汚泥を引抜く事が大切で、年1回以上の清掃実施が義務付けられています。

浄化槽内の汚泥を吸入ホースを使用し、抜取ります。同時に浄化槽内の配管等に付着した汚水を水道水やブラシで汚れを落とします。 浄化槽の清掃後に水張りを行い、ブロワの空気が出ているか確認をし、フタを確実に閉めて作業完了です。 清掃完了後、設置者に清掃完了報告書をお渡しします。

ライン.png

法定検査

(設置後の水質検査)第7条
浄化槽の使用開始後3月を経過した日から5月間に、環境省令で定めるところにより、当該浄化槽の所有者、占有者その他の者で当該浄化槽の管理について権原を有するもの(以下「浄化槽管理者」という。)は、環境大臣又は都道府県知事が第57条第1項の規定により指定する者(以下「指定検査機関」という。)の行う水質に関する検査を受けなければならない。

(定 期 検 査)第11条
環境省令で定めるところにより、毎年一回(環境省令で定める浄化槽については、環境省令で定める回数)、指定検査機関の行う水質に関する検査を受けなければならないと、浄化槽法で義務付けられています。

 公益財団法人大分県環境管理協会

ライン.png

わたしたちの暮らしの中で大切な水・・・いつまでも共にあり続けたい

ライン.png